交通事故に強い
優良弁護士に相談

交通事故強い弁護士厳選している
ので、慰謝料99%増額!

交通事故の対応でお困りの方へ 選ばれる理由相談料無料着手金0円安心の成功報酬

交通事故被害者に人気の弁護士

弁護士に依頼すれば99%の被害者が慰謝料を増額!

交通事故の交渉を弁護士に依頼するかどうかで慰謝料の金額が大きく変わるという事実をご存知ですか? 加害者側の保険会社から提示される損害賠償金や慰謝料は一般的に相場より低い場合が多いです。 それは、保険会社は自社の利益のために被害者にとって不利な条件を提示するからです。

慰謝料の増額率99%

上記の通り、当サイトに掲載している交通事故に強い弁護士に依頼されたことで、実際に99%もの方が慰謝料を増額できております。
交通事故の状況によって金額は数十万円~数千万円と様々ですが、弁護士への依頼費用を考慮しても慰謝料が増額しているため、十分な額と言えるでしょう。

交通事故の対応を弁護士に依頼するかどうかで、得られる慰謝料額に大きな開きが生じます。
保険会社の対応に少しでも不満がある方は当サイトが厳選した交通事故に強い弁護士までご相談ください。

弁護士なら交通事故被害者の苦悩を解決

加害者・保険会社との交渉
提示された示談金が妥当かわからない
慰謝料の金額が低く満足できない
保険会社が決めた過失割合に納得できない
加害者側との交渉が難航して折り合いがつかない
交通事故の状況が歪められて納得できない
後遺障害や治療・通院
まだ治療中なのに治療費を打ち切られた
後遺症が辛く自分では示談交渉ができない
適切な後遺障害等級認定を受けたい
むちうち・怪我の後遺症が残っているのに納得できる賠償がされない
被害者請求で後遺障害の認定申請をしたい
当サイトが厳選した「交通事故に強い弁護士」なら解決できます!

交通事故に強い弁護士に依頼するメリット

交通事故に強い弁護士に依頼する3つのメリット

交通事故に強い弁護士に依頼することで保険会社との交渉も有利に進めることができるため、被害者は多くの利益やメリットを享受できます。

  • メリット1.

    慰謝料を増額できる!

    右肩上がりの矢印
  • メリット2.

    示談交渉がスムーズ!

    交渉の様子
  • メリット3.

    治療に専念できる!

    病院

メリット1慰謝料を増額できる!

保険会社は被害者へ支払う示談金を可能な限り少なくしたいと考えています。本来、被害者に支払われるべき適正な金額より少ない慰謝料を提示し、交通事故について無知な被害者はその提案を鵜呑みにして受け入れてしまうことが多くあります。しかし、交通事故に強い弁護士が示談交渉をすることで、過去の解決事例などを参考に保険会社の低い示談金から適正な慰謝料まで増額できるようになります。

メリット2示談交渉をスムーズに進められる!

保険会社との示談交渉では、交通事故状況の正確な把握、道路交通法の知識、法律全般の知識、医療の知識などが必要になりますが、被害者自身が対応することは非常に困難を極めます。しかし、交通事故問題のスペシャリストである弁護士なら、これらの知識を総動員することで被害者にとって不合理かつ不利益となる主張を退け、交渉を有利に、そしてスムーズに進めることができます。

メリット3治療に専念できる!

保険会社にとっての顧客は交通事故の被害者ではなく加害者です。そのため、保険会社と直接交渉している被害者は理不尽で納得し難い言動により、強い不快感を受ける事も多くあります。しかし、弁護士に依頼し、困難な作業を一任することで、被害者は示談交渉のストレスから解放され、治療に専念する余裕を持つことができます。

参考:交通事故は弁護士に相談!知らなきゃ損する弁護士のメリットとは。

弁護士の解決事例

当サイトが厳選した交通事故に強い弁護士による解決事例をご紹介します。交通事故の問題解決までの詳細や弁護士にご相談された経緯、示談交渉の結果どれくらい示談金が増額したかといったことがお分かりいただけます。下記のように交通事故を弁護士に依頼することで、適正な示談金や後遺障害等級認定での解決が可能となります。

太陽つかさ法律事務所_1
太陽つかさ法律事務所の解決事例

解決後の賠償金額
保険会社提示額
150万円
弁護士依頼後
270万円
増額した賠償金額
120万円
依頼者情報
  • 年代60代~
  • 性別女性
  • 相談内容慰謝料・損害賠償
  • 解決方法示談
  • 傷病名頸椎・腰椎捻挫
  • 後遺障害等級14級
  • 事故状況車 対 車
依頼後 本件では、後遺障害等級14級が認められているにも関わらず、後遺障害慰謝料の提示が低額であったため、弁護士が介入すれば確実に増額が見込まれる事案であった。その他、傷害慰謝...この事務所の解決事例を見る

大本総合法律事務所 大阪支店_先生1
大本総合法律事務所 大阪支店の解決事例

解決後の賠償金額
保険会社提示額
-500万円
弁護士依頼後
800万円
増額した賠償金額
1,300万円
依頼者情報
  • 年代非公開
  • 性別非公開
  • 相談内容慰謝料・損害賠償
  • 解決方法裁判
  • 傷病名頭や足の骨を折る重傷
  • 後遺障害等級なし
  • 事故状況車 対 車
依頼後 こちらから800万円近くの損害賠償請求をしました。 すると、相手方からも本件事故は依頼者の信号無視に原因があるとして、500万円の反訴請求がなされました(相手方からも5...この事務所の解決事例を見る

クロノス法律事務所_先生1
クロノス総合法律事務所の解決事例

解決後の賠償金額
保険会社提示額
1,000万円
弁護士依頼後
8,000万円
増額した賠償金額
7,000万円
依頼者情報
  • 年代50代
  • 性別男性
  • 相談内容後遺症・後遺障害
  • 解決方法裁判
  • 傷病名脊髄損傷
  • 後遺障害等級3級
  • 事故状況車 対 自転車
依頼後 ご相談に来られるまでの保険会社の対応を見て示談交渉では満足な賠償金を得ることができないことは明らかでしたので、後遺障害の認定の後、すぐに裁判を起こしました。裁判では、後...この事務所の解決事例を見る

弁護士の口コミ

当サイトに掲載している交通事故に強い弁護士の口コミを紹介します。実際に弁護士に相談や依頼をされた方からの口コミですので、弁護士を選ぶ際の判断材料として非常に有益です。

リトラス弁護士法人の口コミ

依頼事例
いのっち属性:37歳/女性/大阪府 事故被害者との続柄:
投稿日:2018/01/23
事故の種類
物損事故
弁護士への依頼内容
示談交渉
弁護士への依頼時期
示談交渉
解決までにかかった期間
6ヶ月以内
総合評価5.0
解決・交渉力:5/対応(丁寧さ・親切・誠実):5/費用:5/事務所雰囲気:5/立地:5
弁護士に依頼した理由

子供が交通事故を起こしてしまい、被害者からしつこく請求され、何度も直接家を訪ねてきて、嫌がらせを受けたりして、精神的に辛かったので、弁護士に入ってもらわなければいけないと思った。この弁護士の口コミを見る

K属性:54歳/男性/福岡県 事故被害者との続柄:本人
投稿日:2018/03/14
事故の種類
人身事故
弁護士への依頼内容
示談交渉
弁護士への依頼時期
示談交渉
解決までにかかった期間
3ヶ月以内
総合評価4.2
解決・交渉力:5/対応(丁寧さ・親切・誠実):4/費用:3/事務所雰囲気:5/立地:4
弁護士に依頼した理由

相手方、保険会社の対応提示額等、不明・不満な部分が多く弁護士へ依頼しようと思った。この弁護士の口コミを見る

保険会社って信用できるの?

保険会社との交渉で意識すべきポイント 1.保険会社にとっての顧客は交通事故の被害者ではなく加害者である 2.被害者へ支払う損害賠償金を可能な限り少なくしたい 3.損害賠償金を減らすことが自分たち(保険会社)の利益となる

交通事故の被害者にとって、加害者側の保険会社は信用できるのでしょうか。はっきり申し上げますと被害者にとっては信用できないと言えます。

保険会社は民間の営利企業ですから企業の利益を優先するため、被害者へ支払う慰謝料を少しでも安く抑えようとするからです。

保険会社の中にも被害者に理解のある会社や担当者がいることは事実ですが、示談交渉を行う際は、上記のポイントを念頭に置いて交渉することが必要です。保険会社との交渉の詳しいポイントは「その慰謝料金額、ちょっと待った!保険会社が信用できない3つの理由」をご覧ください。

結論 加害者の味方である保険会社から正当な慰謝料を受け取るには被害者の味方である交通事故に強い弁護士に依頼しましょう!

弁護士への相談はお早めに

保険会社といったん示談が成立してしまうと、弁護士が介入しても示談内容を変更することは非常に困難となります。

そのため、交通事故の被害に遭い、保険会社の対応に納得のいかない方はどのような状態であっても、正当な補償とスムーズな解決のためになるべく早く弁護士へ相談することをお勧めします。

弁護士に依頼するタイミング

弁護士に依頼するタイミング
依頼タイミング1交通事故発生直後

交通事故状況の認識や判断に正確性があり、因果関係を証明できるこの時期に弁護士に依頼することで、不利な記録、記憶違いや記載漏れを回避して最後まで示談交渉を有利に進めることができます。

依頼タイミング2治療通院中・直後

治療・通院期間は、保険会社が治療費打ち切りや症状固定を強引に進めたり、後遺症の残存判定、後遺障害等級の申請に関わる大事なポイントです。後で交渉を難航させないためにも、治療が始まった段階で弁護士に依頼しておきましょう。

依頼タイミング3示談交渉

示談交渉や調停・裁判が始まれば、交通事故の示談交渉のプロである保険会社の担当者や相手側の弁護士との対応で精神的にも肉体的にも疲れが出てきます。時間的な余裕が無くなることを考慮すると弁護士に相談する最後のタイミングとなります。

参考:交通事故を弁護士に相談・依頼するベストなタイミングとは?

弁護士費用について

弁護士費用は大きく分けて「相談料」「着手金」「報酬金」の3つで構成されています。弁護士費用は「高額な費用が発生する」というイメージを持たれがちですが、交通事故の依頼はリーズナブルです。

弁護士に相談時に時間当たりで支払う相談料や依頼が決まり最初に支払う着手金について、当サイトには"相談料も着手金も無料"の弁護士事務所が多くあり、安心して相談いただけます。

また、報酬金は"成功報酬"であるため、もし慰謝料が増額できなかった場合は費用が一切発生しません。増額できても支払いは増額した回収額からとなり、被害者が先に持ち出す費用が一切ございませんので安心して弁護士にご相談頂けます。弁護士費用の詳しい説明は「交通事故の弁護士費用はいくら?初回相談が無料の弁護士も」をご覧ください。

一般的な交通事故の弁護士費用
内訳 概要 一般的な相場
相談料 相談した際に時間当たりで支払う 0~5,000円/1時間あたり
着手金 弁護活動を依頼する際に支払う 0~10万円
報酬金 事故が解決した場合に支払う 増額の10~20%(成功報酬)
※別途、交通費や裁判所に納める手数料などが発生するケースがございます。
※事務所により報酬体系は異なりますので、詳細は個別の事務所ページをご参照ください。
さらに弁護士費用特約がある方は最大300万円まで弁護士費用が保証されます。

参考:300万円の交通事故弁護士費用がタダに?弁護士費用特約の使い方。

TOPへ