広島県の弁護士による交通事故の解決事例

弁護士による交通事故の解決事例をご紹介します。弁護士に相談された経緯、示談交渉の結果、どのようにして解決したかを都道府県・相談内容別にまとめています。ご自身の状況に近い事例がきっと見つかりますので、弁護士への相談を検討中の方は是非、参考にしてください。
1~2件を表示(全2件)
対応地域:広島 所在地:広島県広島市中区
解決後の賠償金額
保険会社提示額
75万円
弁護士依頼後
290万円
増額した賠償金額
215万円
依頼者情報
  • 年代20代
  • 性別女性
  • 相談内容後遺症・後遺障害
  • 解決方法示談
  • 傷病名むちうち
  • 後遺障害等級14級
  • 事故状況車 対 車
事案

相談者が赤信号で停車していたところ、大型バスが追突してきた事故。過失割合には争いはなく、損害額について争いとなった。むち打ち症治らないまま治療が終了し、後遺障害の認定を求めたが非該当の結論であった。

依頼内容

後遺障害認定の異議申し立てをすると共に、適切な賠償額を請求したいというご依頼。

依頼後

治療打ち切り後の継続通院のカルテを取り寄せ、異議申し立て書を作成し、後遺障害等級14級9号の認定が下りる。認定に基づいて290万円を請求したところ、相手方保険会社は240万円の支払いにしか応じないということであったので、訴訟提起。

訴訟提起後、1回目の裁判期日の前に相手方保険会社より290万円で示談の提案があり、示談が成立した。

対応地域:中国,四国,九州(沖縄含),関西 所在地:広島県広島市東区
解決後の賠償金額
保険会社提示額
万円
弁護士依頼後
240万円
増額した賠償金額
240万円
依頼者情報
  • 年代30代
  • 性別男性
  • 相談内容過失割合
  • 解決方法裁判
  • 傷病名
  • 後遺障害等級なし
  • 事故状況車 対 車
事案

前方車両(トラック)が過積載の状態で道路交通法上の目印などつけずに交差点を左折したところ、左側に拠らずに中央付近から左折したため後続のトラックに積載していた貨物が衝突し、後続車両(トラック)が全損となった事故。運転手も怪我を負い、当面働くことができなくなった。

依頼内容

過失割合が争点となったところ、参考例はなく、過去の裁判例も特殊なケースのものが存在しない中、保険会社は後続車の前方不注視による追突であるとして後続車の過失が100であると主張。後続車両の使用者(車両の所有者)から事件を受任。

依頼後

保険会社との交渉では前方車両の過失が8割程度であることを過去の類似裁判例(事案は特殊)を用いて主張したが、保険会社側は逆に後続車両側の過失が8割である旨の裁判例が存在するとして争う。交渉では全く進展が見られず、当方から訴訟提起。相手方からは反訴もなされた。

徹底的な主張と証拠提出、特にドライブレコーダーの映像記録を証拠提出し、後続車にとって回避不可能であった旨を裁判所に訴えかけたところ、最終的には相手方の過失割合が8割以上認められ、勝訴的な和解を勝ち取った。

1~2件を表示(全2件)
TOPへ