大阪府の弁護士による交通事故の解決事例

弁護士による交通事故の解決事例をご紹介します。弁護士に相談された経緯、示談交渉の結果、どのようにして解決したかを都道府県・相談内容別にまとめています。ご自身の状況に近い事例がきっと見つかりますので、弁護士への相談を検討中の方は是非、参考にしてください。
1~10件を表示(全40件)
対応地域:全国 所在地:大阪府大阪市中央区
解決後の賠償金額
保険会社提示額
約610万円
弁護士依頼後
約1,550万円
増額した賠償金額
約940万円
依頼者情報
  • 年代50代
  • 性別男性
  • 相談内容慰謝料・損害賠償
  • 解決方法示談
  • 傷病名耳管狭窄症、腰椎捻挫、頚椎捻挫
  • 後遺障害等級12級
  • 事故状況車 対 車
対応地域:全国 所在地:大阪府大阪市北区
解決後の賠償金額
保険会社提示額
9,000万円
弁護士依頼後
約2億7,000万円
増額した賠償金額
1億8,000万円
依頼者情報
  • 年代20代
  • 性別男性
  • 相談内容後遺症・後遺障害
  • 解決方法裁判
  • 傷病名急性硬膜下血腫/脳挫傷/後頭蓋骨骨折
  • 後遺障害等級1級
  • 事故状況車 対 自転車
事案

被害者が、道路左端を自転車にて走行していたところ、車両同士の接触事故でコントロールを失った加害車両に正面衝突された。

依頼内容

【受傷の程度】
急性硬膜下血腫、脳挫傷、後頭蓋骨骨折、顔面骨骨折等で意識不明の重体。
四肢麻痺、重度の意識障害により、常時介護が必要な状況として、後遺障害等級1級と認定された。

 【保険会社の提案】

9,000万円の解決金支払いを提示

依頼後

交通事故の紛争解決を主とする財産管理のため、成年後見開始審判を申立て、親族後見人とともに後見人に選任された。
金額規模や後見事案であることに鑑み、裁判上で適正な解決をすべく、訴訟提起。

裁判においては、将来付添看護費、逸失利益、休業損害、介護のための新居建築費用、介護機器・医療機器費用等、多数の損害が争点となった。
裁判での主張のやり取りを経て、保険会社側は、最終的には合計約1億6,000万円の提示を行うに至った。

これに対し、裁判上の和解案では、付添看護費約1億円が提示されるなどし、総額約2億7,000万円で裁判上の和解に至った。

対応地域:全国 所在地:大阪府大阪市北区
解決後の賠償金額
保険会社提示額
約5,800万円
弁護士依頼後
約1億1,500万円
増額した賠償金額
5,700万円
依頼者情報
  • 年代~10代
  • 性別女性
  • 相談内容慰謝料・損害賠償
  • 解決方法調停
  • 傷病名顔面及び右上腕の醜状瘢痕
  • 後遺障害等級なし
  • 事故状況車 対 歩行者
事案

被害者は、横断歩道を歩行中、加害者が運転する自動車に衝突された。

依頼内容

【受傷の程度】
顔面及び右上腕の醜状瘢痕
記憶機能障害、言語機能障害等を伴った高次脳機能障害

【保険会社の主張】

被害者は、顔面及び右上腕の醜状瘢痕につき後遺障害等級7級、高次脳機能障害につき後遺障害等級5級に該当するところ、併合で後遺障害等級が3級となり、労働能力喪失率が100%となると主張していたのに対し、醜状瘢痕は労働能力に影響を及ぼすことはないと反論し、労働能力喪失率については79%を主張していた。

依頼後

交渉決裂により訴訟提起
訴訟では、被害者の醜状瘢痕が労働能力に与える影響が認められ、90%の労働能力喪失率が認められた。

そして、後遺症慰謝料約2,000万円、遺失利益約6,200万円をはじめ総額約1億1,500万円の損害賠償が認められた。

対応地域:全国 所在地:大阪府大阪市北区
解決後の賠償金額
保険会社提示額
3,600万円
弁護士依頼後
約1億2,000万円
増額した賠償金額
8,400万円
依頼者情報
  • 年代50代
  • 性別男性
  • 相談内容後遺症・後遺障害
  • 解決方法示談
  • 傷病名頚髄損傷、両橈骨・右尺骨骨折等
  • 後遺障害等級なし
  • 事故状況車 対 バイク
事案

被害者は、原動機付自転車で信号機により交通整理が行われている交差点を青色信号に従って直進侵入したところ、加害者が対向車線から自動車を右折させたため衝突した。

依頼内容

【受傷の程度】
被害者は、頚髄損傷、両橈骨・右尺骨骨折等の傷害を負い、脊髄損傷による四肢の高度痙性麻痺の後遺症が残った。

【保険会社の主張】
被害者は、発育性脊柱管狭窄、加齢変性による椎間板の変性膨隆や黄色靱帯の肥厚が認められ、これらの既往症が被害者の後遺症に与えている影響が大きいとして、後遺症に関する損害については大幅に減額すべきである。

また、被害者は、大幅に速度を超過して原動機付自転車を運転していたため、被害者にも過失が認められる。

依頼後

交渉決裂により訴訟提起。

訴訟では、保険会社の主張が争点となったが、被害者の速度超過については認められなかったものの、被害者の既往症については一部認められ、被害者の後遺症に寄与している部分があるとして、損害額の20%を減額すべきであると判断された。

以上を前提に、被害者が被った損害額は、休業損害・遺失利益約3,800万円、付添看護費約7,200万円をはじめ総額約1億2,000万円の損害賠償が認められた。

対応地域:全国 所在地:大阪府大阪市北区
解決後の賠償金額
保険会社提示額
約3,700万円
弁護士依頼後
約1億2,000万円
増額した賠償金額
8,300万円
依頼者情報
  • 年代~10代
  • 性別男性
  • 相談内容慰謝料・損害賠償
  • 解決方法示談
  • 傷病名急性硬膜下血腫、右大腿・下腿骨骨折等
  • 後遺障害等級1級
  • 事故状況車 対 自転車
事案

被害者は、原動機付自転車で信号機により交通整理が行われている交差点に赤色信号で侵入したところ、青色信号にしたがって直進してきた加害者が運転する自動車と衝突した。
なお、被害者は、ヘルメットの着用をしていなかった。

依頼内容

【受傷の程度】
脳萎縮が確認でき、学習障害、記憶力、理解力、判断力、問題解決能力の低下、性格変化が認められる。後遺障害等級は併合第1級と認められた。


【保険会社の主張】

被害者は、高校中退後間もなく事故にあったのであり、遺失利益の算定にあたっては中卒を前提とし、平均収入の7割に相当する金額で算定すべきである。
被害者はヘルメット着用していなかった、速度超過であった、信号を無視している点を強調し、被害者に5割の過失が認められると主張した。

依頼後

交渉決裂により訴訟提起。
訴訟では、主に被害者の遺失利益の金額、被害者の過失割合が問題となり、和解不成立。

判決では、被害者の遺失利益が約7,800万円と判断され、後遺症慰謝料、将来の付添看護費等を合計して約1億6,000万円の損害認められた。
しかし、被害者の過失割合が25%とされ、相当分の減額がなされた。

対応地域:全国 所在地:大阪府大阪市北区
解決後の賠償金額
保険会社提示額
約450万円
弁護士依頼後
2,700万円
増額した賠償金額
2,250万円
依頼者情報
  • 年代非公開
  • 性別女性
  • 相談内容慰謝料・損害賠償
  • 解決方法示談
  • 傷病名死亡
  • 後遺障害等級なし
  • 事故状況その他
事案

被害者は、母親に連れられて自宅マンションに隣接する駐車場において遊んでいたところ、駐車場に侵入してきた自動車の前輪及び後輪に轢過された。

依頼内容

【保険会社の主張】

事故が発生した時刻が日没後であり、自動車の出入りが予測される駐車場において幼児を遊ばせていたこと、幼児を手の届くところにいなかったこと等を主張し、
親に大きな過失があると主張。

依頼後

交渉決裂により訴訟提起。

対応地域:全国 所在地:大阪府大阪市北区
解決後の賠償金額
保険会社提示額
約3,600万円
弁護士依頼後
約7,700万円
増額した賠償金額
4,100万円
依頼者情報
  • 年代40代
  • 性別男性
  • 相談内容慰謝料・損害賠償
  • 解決方法裁判
  • 傷病名脳挫傷、下顎骨折等
  • 後遺障害等級4級
  • 事故状況車 対 自転車
事案

被害者が信号機のない交差点を自転車で横断しようとしたところ、右折しながら侵入してきた加害者が運転する自動車と衝突。

依頼内容

【保険会社の主張】

被害者が夜間であるにもかかわらず、無灯火で自転車を走行させていたと主張し、加害者にも大きな過失がある。
被害者は入院期間中の付添看護費用の請求を行っているが付添看護は不要であるし、将来にわたっても付添看護は不要である。

依頼後

訴訟手続での和解が成立せず、判決となる。

判決では、被害者が無灯火で自転車を走行していたとは認められなかったものの、侵入してくる自動車への注意が足りなかったとして5%の過失が認められた。
そして、入院中や自宅での付添看護の必要性が認められ約180万円の損害が認められ、将来の付添看護費についても約1,200万円が認められた。

また、本件事故により被害者が92%の労働能力を喪失したと認められ、遺失利益が約5,900万円とされた。

対応地域:全国 所在地:大阪府大阪市北区
解決後の賠償金額
保険会社提示額
約360万円
弁護士依頼後
1,750万円
増額した賠償金額
1,390万円
依頼者情報
  • 年代40代
  • 性別女性
  • 相談内容慰謝料・損害賠償
  • 解決方法示談
  • 傷病名左踵骨骨折/左前腕擦過傷/右下腿打撲傷等
  • 後遺障害等級11級
  • 事故状況車 対 自転車
事案

被害者が、自転車を運転し、青信号の交差点を横断していたところ、同交差点に右折進行してきた加害者が運転する自動車と衝突した。

依頼内容

【受傷の程度】

左踵骨骨折、左前腕擦過傷、右下腿打撲傷等の傷害。
左足関節の可動域制限、左足・右足間接部痛の後遺障害が残存した。

上記各後遺障害につき、後遺障害等級併合11級と認定された。
保険会社の主張は後遺障害等級併合11級を前提に、自賠責基準を基にして保険会社の提示額約360万円だった。

依頼後

交渉決裂により訴訟提起。
訴訟手続きでは、後遺障害等級併合11級であること、被害者に1割の過失があることを前提に

請求額約2,000万円に対し和解金1,750万円で和解勧告があり、和解に応じる。

対応地域:全国 所在地:大阪府大阪市北区
解決後の賠償金額
保険会社提示額
-500万円
弁護士依頼後
800万円
増額した賠償金額
1300万円
依頼者情報
  • 年代非公開
  • 性別非公開
  • 相談内容慰謝料・損害賠償
  • 解決方法裁判
  • 傷病名頭や足の骨を折る重傷
  • 後遺障害等級なし
  • 事故状況車 対 車
事案

加害者・被害者双方が青信号を主張し、被害者の主張が認められた事例

(事故詳細)
辺りが真っ暗闇であった深夜、信号機のある交差点で、青信号に従って交差点に進入した軽自動車が、左から走行してきた大型トラックと衝突しました。軽自動車に乗っていた依頼者は、頭や足の骨を折る重傷です。 
依頼者は直ちに救急車で運ばれ、2ヶ月もの間、入院することとなりました。

しかし入院後、いくら待っても加害者からの謝罪はおろか、相手方保険会社から入院費用の支払いさえしてもらえませんでした。どうなっているのかと警察に問い合わせると、なんと加害者は「自分が青信号だった。相手が赤信号を無視したのだ」と主張していることが判明したのです。

依頼内容

依頼者は退院後、ある弁護士に依頼して示談交渉を行いましたが、依頼した弁護士自身が依頼者の言っていること(「こちらが青信号だったのだ!」)を信じてくれず、納得がいかない依頼者は、弁護士を変えて裁判をする事にしました。

この様な相談を受け、当職は依頼者・加害者の双方が自分が青信号に従って交差点に進入したのだと主張している為、示談は困難であると考え裁判をする事にしました。

依頼後

こちらから800万円近くの損害賠償請求をしました。 すると、相手方からも本件事故は依頼者の信号無視に原因があるとして、500万円の反訴請求がなされました(相手方からも500万円の損害賠償請求をされたという事です)。

訴訟では10回近くの期日に加え、約6時間にも及ぶ当事者尋問・証人尋問が行われました。 そして加害者の当事者尋問で、真っ暗闇であったにも関わらず、加害者が補助信号を見落としていた事実が発覚したのです。

その後、判決では、補助信号を見落とす程の前方不注視であったのだから、対面信号を100m以上前から見ていたという加害者の主張に信用性がないという事で全面的に依頼者の主張が認められました。
双方が青信号の主張だと、過失割合は100%か0%のどちらかです。800万円の請求金額全額が認められるか、一銭も認められず500万円の支払いを命じられるか、全く異なります。

本件では、無事に当方の主張が全面的に認められることができました。

対応地域:関西 所在地:大阪府大阪市中央区
解決後の賠償金額
保険会社提示額
約27万円
弁護士依頼後
約90万円
増額した賠償金額
約63万円
依頼者情報
  • 年代非公開
  • 性別非公開
  • 相談内容慰謝料・損害賠償
  • 解決方法非公開
  • 傷病名
  • 後遺障害等級なし
  • 事故状況その他
事案

保険会社から通院回数が少ないなどとして慰謝料の提示額が通院期間に比べて著しく低額な約27万円とされた事案。

依頼後

交通事故紛争処理センターに紛争処理の斡旋を申立て、陳述書を作成するなどした結果、当初の提示額の3倍以上にあたる90万円で示談することになった。

1~10件を表示(全40件)
TOPへ