東京都の弁護士による交通事故の解決事例

弁護士による交通事故の解決事例をご紹介します。弁護士に相談された経緯、示談交渉の結果、どのようにして解決したかを都道府県・相談内容別にまとめています。ご自身の状況に近い事例がきっと見つかりますので、弁護士への相談を検討中の方は是非、参考にしてください。
1~10件を表示(全14件)
対応地域:全国 所在地:東京都中央区
解決後の賠償金額
保険会社提示額
3,500万円
弁護士依頼後
8,000万円
増額した賠償金額
4,500万円
依頼者情報
  • 年代50代
  • 性別男性
  • 相談内容死亡事故
  • 解決方法裁判
  • 傷病名
  • 後遺障害等級なし
  • 事故状況車 対 車
事案

川沿いの道路を走行中の自動車(被害者)が河川下方から川辺沿いの道路に上ってきた自動車(加害者)と衝突し、被害者が死亡した事案です。

加害者側は「自分のほうが道路の幅が広いため、自分の走っていた道路が優先道路である」と主張していました。

依頼内容

依頼者(被害者のご子息)様は、加害者側から提示された損害賠償金額(3,500万円)が低すぎるのではないかと考え、過失割合と損害賠償について争う姿勢で依頼されました。

依頼後

受任後も加害者側は過失割合について一歩も引かない姿勢でしたので、交渉から訴訟へ進むことになりました。弁護士が念入りに現場リサーチなどを行ったことで、依頼者様にとって有利な証拠や証言を得ることができました。

これにより、裁判官の心証を依頼者側に有利に傾かせることができました。結果的に、裁判所から勝訴判決ともいえる内容(損害賠償金額8,000万円)で和解案が提示され、勝訴的和解で決着しました。

対応地域:全国 所在地:東京都中央区
解決後の賠償金額
保険会社提示額
0円万円
弁護士依頼後
400万円
増額した賠償金額
400万円
依頼者情報
  • 年代20代
  • 性別男性
  • 相談内容後遺症・後遺障害
  • 解決方法非公開
  • 傷病名頚椎捻挫
  • 後遺障害等級14級
  • 事故状況その他
事案

依頼者様は交通事故によって頚椎捻挫のケガを負いました。

治療を続けているものの、痛みが取れないだけでなく、足へのしびれが出ている状態でした。

弁護士がつく前、保険会社の提案としては、『逆に当方が被害側の事故であり、交渉段階での賠償額の提示はできない。』という不誠実な対応でした。

依頼内容

治療を継続しても症状が残ってしまう可能性があったため、後遺障害を獲得したいとのことでした。

依頼後

頚椎捻挫の場合、しびれや痛みなどの自覚症状を客観的に立証する検査方法はありません。

このとき、最も重要なことは「治療の一貫性」となります。

弁護士へのご依頼いただいたあと、定期的に通院するようアドバイスを行い、14級9号の後遺障害等級が認められ、約400万円弱の慰謝料を獲得することができました。

対応地域:全国 所在地:東京都中央区
解決後の賠償金額
保険会社提示額
万円
弁護士依頼後
万円
増額した賠償金額
提示額の2倍弱万円
依頼者情報
  • 年代30代
  • 性別女性
  • 相談内容慰謝料・損害賠償
  • 解決方法示談
  • 傷病名むち打ち
  • 後遺障害等級なし
  • 事故状況その他
事案

依頼者様は交通事故でむち打ちを負い、治療を続けた結果、後遺障害が残ることなく治療を終了することができました。

相手方の保険会社から損害額を提示されたため、ご相談に来られました。

依頼内容

相手方の保険会社から提示された損害額に疑問を感じたため、弁護士に相談したいとのことでした。

依頼後

提示された示談金のなかで、通院慰謝料が相場よりも明らかに低額であることがわかりました。

また、休業損害についても考慮されていなかったため、これらの点について弁護士が交渉を行いました。

その結果、裁判を経ることなく、提示額の約2倍弱の損害額に増額ができました。

対応地域:全国 所在地:東京都渋谷区
解決後の賠償金額
保険会社提示額
約100万円
弁護士依頼後
約1,200万円
増額した賠償金額
約1,100万円
依頼者情報
  • 年代40代
  • 性別男性
  • 相談内容慰謝料・損害賠償
  • 解決方法示談
  • 傷病名
  • 後遺障害等級12級
  • 事故状況車 対 車
事案

前方不注意運転の加害車両に衝突された。

依頼内容

被害者から治療履歴を聞き取った結果、後遺障害が認定されないのは非常に疑問に思われました。

依頼後

当職は依頼者と共に病院に赴き、医師と直接面談して意見書の作成を依頼しました。さらにカルテを精査して主張を整理しました。 
異議申立をし、医師の意見書を添えて詳細な主張をしました。

結果として後遺症12級の獲得に成功しました。最終取得額については、慰謝料や逸失利益を含め約1,100万円が増額されました。

対応地域:全国 所在地:東京都千代田区
依頼者情報
  • 年代非公開
  • 性別男性
  • 相談内容過失割合
  • 解決方法非公開
  • 傷病名死亡
  • 後遺障害等級なし
  • 事故状況車 対 バイク
事案

加害者側の供述の変更獲得⇒賠償大幅増額した事例

依頼内容

友人が運転するオートバイに男女二人乗りで男性が運転して事故に遭い、後部座席に乗車していた女性が死亡した事案です。

友人男性がセンターラインをオーバーして進行したがゆえに、対向車であるトラックと衝突してバイクから振り落とされてしまった事が理由でした。友人男性のバイクには自賠責保険加入が認められたものの任意保険には未加入で、その友人男性には支払原資がほとんどありませんでした。

トラックの運転手が「カーブで対向車のバイクの運転が、直前でセンターラインオーバーした」との供述がなされていました。その為、トラック側に過失が認められず、トラック側の任意保険の適用がないと認定されていた状況でした。

依頼者である相続人 父としては、友人男性の付保していた自賠責保険の限度での賠償であきらめるほかないのだろうかと悩んでいました。

依頼後

公的な文書(実況見分調書)が存在したが、それを鵜呑みにすることなく、あらゆる可能性を踏まえ、「想像力をフル回転して」物事を捉えた。 
加害者側からの証言のみで作成されがちの供述調書、所与の書面だけを眺めるだけでなく、現場での思考を重要視させた。

センターラインオーバーの過失が認められ、逆転の結果を生む源泉となった。

対応地域:関東 所在地:東京都千代田区
解決後の賠償金額
保険会社提示額
650万円
弁護士依頼後
1634万円
増額した賠償金額
984万円
依頼者情報
  • 年代非公開
  • 性別非公開
  • 相談内容慰謝料・損害賠償
  • 解決方法示談
  • 傷病名
  • 後遺障害等級10級
  • 事故状況車 対 バイク
事案

依頼者が国道を走行中、一時停止規制のある側道から国道に合流してこようとした相手方自動車が一時停止違反を犯した結果、衝突しました。依頼者は流れに従って走行していたために、それなりのスピードが出ていました。 
そこに、不意打ちで自動車に衝突されたため、大きく吹き飛ばされることとなりました。

すぐに救急搬送され、緊急手術の上、入院することになりました。懸命なリハビリを行いましたが、左足の親指が動かなくなる、左足が右足より短くなるなどの後遺障害を負ってしまいました。

依頼者は通院時からご自身で保険会社とやりとりをされ、過失割合や休業損害等について不当な主張をされても粘り強く交渉されていました。そのうち保険会社が弁護士を入れた為弁護士との交渉を余儀なくされました。

依頼内容

事故から約1年3か月後症状固定し事前認定で併合10級の結果を得て、示談の話し合いに移りましたが、弁護士から出てきたのは到底受け入れられない示談案でした。依頼者はご自身で調査や弁護士に説明を求めたりしましたが、ついに、ご自身も弁護士を入れる事を決意されました。 
争点は逸失利益の金額、具体的に労働能力喪失期間の長さでした。後遺障害10級の場合、喪失期間を労働可能な年齢(67歳)まで全部とするのが通常ですが、相手方弁護士は制限している裁判例があるという事だけで8年間に制限と主張してきました。この点だけで1,000万円近い金額の差がでてしまいます。慰謝料も赤い本基準に到底及ばない金額でした。

又、相手方弁護士から先方の主張の根拠について8つ裁判例が提示されていましたが、各裁判例を精査すると、事案が異なる、満足いく理由が示されていない等、根拠となり得ない物ばかりでした。そこで、反論を書面にして相手方弁護士に提出しました。

依頼後

反論と共に適切な損害賠償を相手方に提示しました。 
⑴入通院慰謝料、後遺障害慰謝料について・・・赤い本を基準に適切な内容を提示。 
⑵後遺障害逸失利益について・・・赤い本基準より、喪失期間を67歳までの全期間、喪失率を27%で提示。

(示談) 
その後、相手方弁護士と何度かやりとりをして、最終的には早期解決ということで、当方の主張する金額の9割を受け入れることで示談が成立しました。

本件は、当事務所が代理人として就任してから、実質的に約2か月で解決に至りました。相手方の主張の最大の根拠となっていた裁判例に対して、適切な反論を加えることができたのが最大のポイントだったと思います。

比較的速やかに解決することができ、それなりに満足のいく金額を得ることもできたので、依頼者にもご納得いただけました。

対応地域:全国 所在地:東京都新宿区
解決後の賠償金額
保険会社提示額
万円
弁護士依頼後
約4,250万円
増額した賠償金額
約4,250万円
依頼者情報
  • 年代非公開
  • 性別非公開
  • 相談内容後遺症・後遺障害
  • 解決方法示談
  • 傷病名腰椎椎体骨折や多発肋骨骨折
  • 後遺障害等級8級
  • 事故状況車 対 車
事案

事故態様は、信号整理のされていない丁字路交差点で、直進路を進行していたご依頼者様に対し、突き当り路から加害車両が右折してきて衝突したというものです。

この事故により、ご依頼者様は腰椎椎体骨折や多発肋骨骨折などの傷害を負い、1年程度治療を続けましたが、背部痛や胸腰椎部の可動域が改善しないまま症状固定に至りました。

依頼内容

ご依頼者様は、医師に記載いただいた後遺障害診断書を持参されて、後遺障害等級申請からサポートしてほしいとして、弊所にご相談いただきました。

依頼後

担当弁護士が、ご依頼者様の症状を伺い、後遺障害診断書を精査したところ、胸腰椎部の運動障害として第8級2号の認定があり得る事案であるものの、後遺障害診断書上、記載が不十分であることがわかりました。

そこで、担当弁護士が、胸腰椎部の可動域測定の方法等をお伝えし、ご依頼者様を通じて、主治医の先生に対して、後遺障害診断書に追記をお願いしました。

そして、追記いただいた後遺障害診断書をもとに、担当弁護士が被害者請求を行った結果、脊柱の運動障害として別表第二第8級2号に該当するものと判断されました。

その後、同等級を前提に相手方保険会社と交渉を行った結果、等級認定から一か月程度で、約4,250万円を支払うとの示談を行うことが出来ました。

後遺障害等級認定申請前から、適切な後遺障害等級の見込みを立てて、サポートした結果、迅速かつ、満足いく金額での解決につながった事案であると考えます。

対応地域:全国 所在地:東京都中野区

関総合法律事務所の解決事例

関総合法律事務所_関先生1
解決後の賠償金額
保険会社提示額
約80万円
弁護士依頼後
295万円
増額した賠償金額
約215万円
依頼者情報
  • 年代非公開
  • 性別非公開
  • 相談内容慰謝料・損害賠償
  • 解決方法示談
  • 傷病名
  • 後遺障害等級14級
  • 事故状況車 対 歩行者
事案

Hさんは交差点にて信号無視の車に衝突され、治療を7か月続けていました。 
Hさんは仕事が忙しく、なかなか通院することができす、後遺障害の結果は非該当でした。 そして、保険会社からの慰謝料の提示は約80万円でした。

依頼後

当職は、事故状況や診断状況をみて、後遺障害が付くべき事案と考え、時間はかかるが異議申し立てをすることを案内しました。異議申し立ての際には、新しい資料を追加して申立書を作成し、結果、14級9号が認定されました。

結果、14級9号を前提に、弁護士基準で算出した損害額で何度も交渉を繰り返し、結果的に、295万円で和解することができました。

対応地域:全国 所在地:東京都中野区

関総合法律事務所の解決事例

関総合法律事務所_関先生1
解決後の賠償金額
保険会社提示額
202万円
弁護士依頼後
335万円
増額した賠償金額
133万円
依頼者情報
  • 年代非公開
  • 性別非公開
  • 相談内容慰謝料・損害賠償
  • 解決方法非公開
  • 傷病名頸椎捻挫、左膝挫傷、腰椎捻挫
  • 後遺障害等級14級
  • 事故状況車 対 車
事案

Mさんは前方の車に続いて停車しようとしていたところ、後方から加害者の車が衝突してきました。この事故によりMさんは、頸椎捻挫、左膝挫傷、腰椎捻挫のケガを負いました。また事故によるケガから後遺症が残り、後遺障害等級14級9号と判断されました。

依頼内容

Mさんは当初弁護士に依頼する前は自力で何度も交渉し、190万円を202万円まであげることができていました。しかし、これ以上あがらないことに疑問を持ち、当職に依頼されました。

依頼後

当職が慰謝料について、保険会社の自社基準ではなく、過去の裁判例による基準に基づいた慰謝料の再提示を求め、適正な損害賠償を主張し、交渉を重ねました。

交渉の結果、休業日数が適切なものとなり、相当の休業損害が算出されました。また、慰謝料についても基準を過去の裁判例に沿うものに再提示されました。これにより、交通事故による損害賠償金として、335万円がMさんに支払われることとなりました。

対応地域:全国 所在地:東京都渋谷区
依頼者情報
  • 年代非公開
  • 性別非公開
  • 相談内容過失割合
  • 解決方法示談
  • 傷病名
  • 後遺障害等級なし
  • 事故状況車 対 自転車
事案

Bさんは駐車場の駐車区画から出庫しようと発進したところ、通路を走行してきた別の自転車と接触し、修理費約30万円の損害を被りました。

依頼内容

当初、相手方の保険会社から提示された過失割合(Bさん70%)に納得できないと感じたBさんは、当事務所に相談に来られたのです。

依頼後

当事務所ではBさんのご依頼を受け、こちらが妥当と考える過失割合(Bさん30%)を提示し、交渉を開始しました。

相手はなかなか譲歩の姿勢を見せませんでしたが、警察への聴取、防犯カメラの確認、車両の損傷状況の分析など客観的な証拠を収集し、相手にBさんの主張の正当性を訴えました。

数回の示談交渉を経た結果、過失割合・損害賠償額のいずれも当方の主張が受け入れられ、Bさんの過失を40%とすることで和解が成立しました。

1~10件を表示(全14件)
TOPへ