兵庫県の弁護士による慰謝料・損害賠償の相談の解決事例

弁護士による交通事故の解決事例をご紹介します。弁護士に相談された経緯、示談交渉の結果、どのようにして解決したかを都道府県・相談内容別にまとめています。ご自身の状況に近い事例がきっと見つかりますので、弁護士への相談を検討中の方は是非、参考にしてください。
1~6件を表示(全6件)
対応地域:関西 所在地:兵庫県丹波市
解決後の賠償金額
保険会社提示額
3,200万円
弁護士依頼後
5,100万円
増額した賠償金額
1,900万円
依頼者情報
  • 年代30代
  • 性別女性
  • 相談内容慰謝料・損害賠償
  • 解決方法示談
  • 傷病名死亡
  • 後遺障害等級なし
  • 事故状況車 対 車
事案

本件事故の態様は、加害者が、自車を運転中、高速度でセンターラインをオーバーして走行させ、何ら落ち度のない被害者の車両に正面衝突させた事故でした。

依頼内容

家族の死に直面して精神的に余裕が全くない状況において、保険会社と交渉をするのは荷が重かったとのことでした。

依頼後

当初の提示では、保険会社は、低い額の賠償しか認めませんでした。慰謝料や逸失利益について交渉次第で金額が大きく変わり得る案件でしたが、交通事故紛争処理センターにおいて交渉した結果、慰謝料と逸失利益について大幅な増額され、相当な金額の賠償金を獲得することができました。

対応地域:関西 所在地:兵庫県神戸市北区
解決後の賠償金額
保険会社提示額
3,200万円
弁護士依頼後
5,100万円
増額した賠償金額
1,900万円
依頼者情報
  • 年代30代
  • 性別女性
  • 相談内容慰謝料・損害賠償
  • 解決方法示談
  • 傷病名死亡
  • 後遺障害等級なし
  • 事故状況車 対 車
事案

本件事故の態様は、加害者が、自車を運転中、高速度でセンターラインをオーバーして走行させ、何ら落ち度のない被害者の車両に正面衝突させた事故でした。

依頼内容

家族の死に直面して精神的に余裕が全くない状況において、保険会社と交渉をするのは荷が重かったとのことでした。

依頼後

当初の提示では、保険会社は、低い額の賠償しか認めませんでした。慰謝料や逸失利益について交渉次第で金額が大きく変わり得る案件でしたが、交通事故紛争処理センターにおいて交渉した結果、慰謝料と逸失利益について大幅な増額され、相当な金額の賠償金を獲得することができました。

対応地域:兵庫,大阪,京都 所在地:兵庫県神戸市中央区

石井法律事務所の解決事例

石井法律事務所_先生1
解決後の賠償金額
保険会社提示額
100万円
弁護士依頼後
約250万円
増額した賠償金額
約150万円
依頼者情報
  • 年代非公開
  • 性別非公開
  • 相談内容慰謝料・損害賠償
  • 解決方法示談
  • 傷病名
  • 後遺障害等級なし
  • 事故状況その他
事案

後遺障害等級14級認定事案において、手術部位に将来再手術によって抜き取らなければならない医療器具が残存している。

依頼内容

そのことなどを理由に慰謝料の増額交渉をした。

依頼後

結果、保険会社当初提示の賠償額約100万円を、約250万円まで増額し示談解決した。

対応地域:関西 所在地:兵庫県神戸市中央区

山根法律事務所の解決事例

山根法律事務所_メンバー1
解決後の賠償金額
保険会社提示額
万円
弁護士依頼後
700万円
増額した賠償金額
700万円
依頼者情報
  • 年代非公開
  • 性別非公開
  • 相談内容慰謝料・損害賠償
  • 解決方法示談
  • 傷病名
  • 後遺障害等級なし
  • 事故状況その他
事案

当初、相手保険会社から逸失利益が0円と認定された事件

依頼後

裁判までいかず交渉のみで遺失利益を満額の700万円獲得

対応地域:関西 所在地:兵庫県西宮市

黒田法律事務所の解決事例

黒田法律事務所_黒田先生1
依頼者情報
  • 年代50代
  • 性別女性
  • 相談内容慰謝料・損害賠償
  • 解決方法調停
  • 傷病名前頭葉脳挫傷、頭蓋骨骨折、失明など
  • 後遺障害等級3級
  • 事故状況車 対 バイク
事案

原動機付自転車で南から北へ青色信号に従い直進ていたところ、加害者亮が、北から西へ右折進行するにあたり、脇見運転等をしながら右折進行したことで衝突した事故でした。
高次脳機能障害・左手廃用、右眼失明、外貌醜状という後遺症が残存され、日常生活でも不自由な状態が続いておられます。

依頼内容

事故後1カ月を経過しても、本人様の容態が思わしくなかったこともあり、今後の日常生活に不安を抱えていたものの、相手方保険会社との話の進め方も分からないとのことで、ご相談に来られました。
通勤災害ということもあり、労災と相手方保険会社への請求の進め方、今後の交渉やそれ以外の進め方について、ご相談されました。
労災については、勤務先が主導となって申請され、7級の認定となりました。しかし、この等級に納得いかないとのことで、労災等級に対する異議申し立て、保険会社への損害賠償請求、今後の進め方をご依頼されました。

依頼後

本件は、高次脳機能障害、左手廃用、右眼失明の後遺障害として、労災で7級の認定となっていました。しかし、これらの後遺障害からすれば、5級が認められてもおかしくないケースであるため、労災に異議申し立てをしました。労災へ異議申立てをする中で、顔面の醜状も発覚し、結果として、労災は7級から3級の認定へと変更されました。

対応地域:関西 所在地:兵庫県西宮市

黒田法律事務所の解決事例

黒田法律事務所_黒田先生1
解決後の賠償金額
保険会社提示額
150万円
弁護士依頼後
1,696万円
増額した賠償金額
1,546万円
依頼者情報
  • 年代30代
  • 性別男性
  • 相談内容慰謝料・損害賠償
  • 解決方法裁判
  • 傷病名複数の骨折、閉鎖性腎損傷、脳挫傷など
  • 後遺障害等級12級
  • 事故状況車 対 バイク
事案

バイクを運転中、対向車線を進行していたタクシーが、突如、交差点付近の右折待ちレーンで急転回をしたことで衝突した事故でした。
左手関節の可動域制限、動作時痛という後遺障害が残存し、仕事には復帰したものの、対応できない業務が生じておられました。

依頼内容

労災で12級と認められたものの、相手方のタクシー会社からの提示額は150万円と低額であり、この金額が妥当かどうか分からなかったことから、金額の妥当性を検討されるために相談をされました。
また、労災で12級と判断されたものの、交通事故の解決時にも12級が維持できるのか分からず、相手方との交渉の進め方も分からなかったとのことで、相談に来られました。

依頼後

相手方タクシー会社は、示談交渉時に、独自の算定を行い、かなり低額な和解金である150万円という提示をし、提示額を決して上げようとはしませんでした。また、本件は、労災で12級と認定されましたが、自賠責で12級が維持できる可能性は決して高いとは言えませんでした。
労災で12級の認定となっても、自賠責で14級の認定となっては、慰謝料や逸失利益といった金額が大きく異なってきます。
そこで、自賠責の後遺障害等級認定の請求を行わず、労災で12級が認定されたことをもって、訴訟を提起しました。
そして、訴訟において、本件が12級相当であることが認定され、損害額および遅延利息で1,696万円を超える金額を得ることができました。

1~6件を表示(全6件)
TOPへ