弁護士による後遺症・後遺障害の相談の解決事例

弁護士による交通事故の解決事例をご紹介します。弁護士に相談された経緯、示談交渉の結果、どのようにして解決したかを都道府県・相談内容別にまとめています。ご自身の状況に近い事例がきっと見つかりますので、弁護士への相談を検討中の方は是非、参考にしてください。
1~10件を表示(全32件)
対応地域:関西 所在地:兵庫県神戸市中央区
解決後の賠償金額
保険会社提示額
60万円
弁護士依頼後
400万円
増額した賠償金額
340万円
依頼者情報
  • 年代40代
  • 性別男性
  • 相談内容後遺症・後遺障害
  • 解決方法示談
  • 傷病名外傷性頚部症候群(頚椎捻挫)
  • 後遺障害等級14級
  • 事故状況車 対 車
事案

被害車両が、赤信号停止中に加害車両が追突した事故でした。
頚部捻挫等の傷害を負い、日常生活に影響が及んでいる。

依頼内容

比較的早い段階で、相手方保険会社より一括対応(被害者が病院で治療費を支払うことなく、保険会社が病院に直接治療費を支払う対応)の終了を告げられましたが、ご本人は治療継続希望されていました。

①治療継続すること、
その後の
②後遺障害申請を含めて、
③適正な賠償金を獲得してほしい

とのことでご依頼いただきました。

依頼後

本件では、1ヵ月間、一括対応期間を延ばすことができ、その後はご本人が治療費を立替えて通院を継続しました(①)。

後遺障害申請をしたものの、1度目は非該当で回答が返ってきました。そこで、主治医と相談した上、意見書を書いてもらい、異議申立てを行った結果、14級該当と変更され、後遺障害認定を得ることができました(②)。

その上で、示談交渉を行い、後遺障害による逸失利益を含めて大幅に増額することができ、裁判基準での適正な金額で示談を成立させることができました(③)。

対応地域:全国 所在地:大阪府大阪市北区
解決後の賠償金額
保険会社提示額
9,000万円
弁護士依頼後
約2億7,000万円
増額した賠償金額
1億8,000万円
依頼者情報
  • 年代20代
  • 性別男性
  • 相談内容後遺症・後遺障害
  • 解決方法裁判
  • 傷病名急性硬膜下血腫/脳挫傷/後頭蓋骨骨折
  • 後遺障害等級1級
  • 事故状況車 対 自転車
事案

被害者が、道路左端を自転車にて走行していたところ、車両同士の接触事故でコントロールを失った加害車両に正面衝突された。

依頼内容

【受傷の程度】
急性硬膜下血腫、脳挫傷、後頭蓋骨骨折、顔面骨骨折等で意識不明の重体。
四肢麻痺、重度の意識障害により、常時介護が必要な状況として、後遺障害等級1級と認定された。

 【保険会社の提案】

9,000万円の解決金支払いを提示

依頼後

交通事故の紛争解決を主とする財産管理のため、成年後見開始審判を申立て、親族後見人とともに後見人に選任された。
金額規模や後見事案であることに鑑み、裁判上で適正な解決をすべく、訴訟提起。

裁判においては、将来付添看護費、逸失利益、休業損害、介護のための新居建築費用、介護機器・医療機器費用等、多数の損害が争点となった。
裁判での主張のやり取りを経て、保険会社側は、最終的には合計約1億6,000万円の提示を行うに至った。

これに対し、裁判上の和解案では、付添看護費約1億円が提示されるなどし、総額約2億7,000万円で裁判上の和解に至った。

対応地域:全国 所在地:大阪府大阪市北区
解決後の賠償金額
保険会社提示額
3,600万円
弁護士依頼後
約1億2,000万円
増額した賠償金額
8,400万円
依頼者情報
  • 年代50代
  • 性別男性
  • 相談内容後遺症・後遺障害
  • 解決方法示談
  • 傷病名頚髄損傷、両橈骨・右尺骨骨折等
  • 後遺障害等級なし
  • 事故状況車 対 バイク
事案

被害者は、原動機付自転車で信号機により交通整理が行われている交差点を青色信号に従って直進侵入したところ、加害者が対向車線から自動車を右折させたため衝突した。

依頼内容

【受傷の程度】
被害者は、頚髄損傷、両橈骨・右尺骨骨折等の傷害を負い、脊髄損傷による四肢の高度痙性麻痺の後遺症が残った。

【保険会社の主張】
被害者は、発育性脊柱管狭窄、加齢変性による椎間板の変性膨隆や黄色靱帯の肥厚が認められ、これらの既往症が被害者の後遺症に与えている影響が大きいとして、後遺症に関する損害については大幅に減額すべきである。

また、被害者は、大幅に速度を超過して原動機付自転車を運転していたため、被害者にも過失が認められる。

依頼後

交渉決裂により訴訟提起。

訴訟では、保険会社の主張が争点となったが、被害者の速度超過については認められなかったものの、被害者の既往症については一部認められ、被害者の後遺症に寄与している部分があるとして、損害額の20%を減額すべきであると判断された。

以上を前提に、被害者が被った損害額は、休業損害・遺失利益約3,800万円、付添看護費約7,200万円をはじめ総額約1億2,000万円の損害賠償が認められた。

対応地域:全国 所在地:福岡県福岡市博多区
依頼者情報
  • 年代非公開
  • 性別非公開
  • 相談内容後遺症・後遺障害
  • 解決方法非公開
  • 傷病名症状固定
  • 後遺障害等級14級
  • 事故状況車 対 車
事案

二度目の異議申立てで後遺障害等級14級が認定された事例

依頼内容

赤信号停止中に後方から追突されてしまいました。 
事故後6ヶ月間通院加療を受けた後、症状固定となり、後遺障害の等級認定申請をしたものの、非該当でした。 
その後、司法書士に依頼して異議申立てをしたものの、再度、非該当の結果が出てしまったのです。 
どうしても納得のできない依頼者は、弁護士に依頼をすることにしました。

依頼後

当事務所で依頼を受けた後、通院した全ての病院、治療院のカルテを取寄せ、全てを精査しました。 また、症状固定後も通院していた治療院があったことから、症状固定後の治療内容についても精査しました。

その上で、カルテに記載されている治療内容や、現在の依頼者の身体状況等について、とても詳しい意見書を作成したのです。 そして、その意見書とともに再度の異議申立てをおこないました。

すると、今までどうしても認定してもらえなかった後遺障害等級14級が認定されたのです。

対応地域:全国 所在地:愛知県名古屋市中区
依頼者情報
  • 年代20代
  • 性別男性
  • 相談内容後遺症・後遺障害
  • 解決方法非公開
  • 傷病名高次脳機能障害
  • 後遺障害等級7級
  • 事故状況車 対 バイク
事案

(賠償金大幅増額)後遺障害認定等級を14級⇒7級に上げた事例

片側2車線の道路を自動二輪車にて走行していた20歳前半の男性が信号のある交差点を直進しようとしていたところ、反対車線を走行中の自動車がこの交差点で転回しようとし衝突した事案です。

男性は衝突の衝撃で自動二輪車から投げ出され、道路に打ち付けられました。 すぐに病院に救急搬送され、事故直後の入院と1年あまりの通院を余儀なくされました。

依頼内容

男性は、事故の衝撃からか、事故の記憶を無くしており、家族の印象では、事故前と比べて「怒りっぽい、飽きっぽい、落ち着かない」等の様々な変化があると感じていました。

1年あまりの通院後、整形外科にて症状固定と判断されたため、保険会社に手続きを任せる方式のいわゆる「事前認定」にて「後遺障害等級認定」を申請したところ「神経症状(いわゆるむち打ち)で、14級」という認定結果でした。

家族は、男性の性格の変化が後遺症として反映されていないのではないかと疑問をもち、ある弁護士に相談することとしました。男性や家族との面談の結果、その弁護士は「高次脳機能障害」ではないかとの疑いを抱いたにも関わらず、その認定検査が一切行われていませんでした。

そのことを家族にお伺いすると、高次脳機能障害に関する知識がないため、病院や保険会社にいわれるがまま手続きを行っていた、という家族の回答でした。

依頼後

高次脳機能障害の疑いを持ったものの、その認定に必要な資料等が全くなかったことから、その収集・検討から始めることとしました。 
高次脳機能障害の認定のためには、「事故直後の意識障害等」が必要になるが、男性に記憶がありませんでした。 
そのため、救急搬送された病院のカルテを検討したところ、初診時に意識障害はなかったものの、救急車の中で失っていた意識が戻った旨の記載を発見しました。

そこで、消防署に照会したところ、救急活動記録票に、「意識を失い、その後病院到着前に意識を回復した」旨の記載がありました。初診時には意識を回復していたことから認定が難しかったが、結果として、この救急活動記録票が決定的に重要な証拠となりました。

その後、高次脳機能障害の認定に必要な検査を受け、資料を収集し、自賠責に被害者請求にて後遺障害等級認定を申請したところ、「高次脳機能障害」が認定され、等級は「7級」と判断されました。

対応地域:広島 所在地:広島県広島市中区
解決後の賠償金額
保険会社提示額
75万円
弁護士依頼後
290万円
増額した賠償金額
215万円
依頼者情報
  • 年代20代
  • 性別女性
  • 相談内容後遺症・後遺障害
  • 解決方法示談
  • 傷病名むちうち
  • 後遺障害等級14級
  • 事故状況車 対 車
事案

相談者が赤信号で停車していたところ、大型バスが追突してきた事故。過失割合には争いはなく、損害額について争いとなった。むち打ち症治らないまま治療が終了し、後遺障害の認定を求めたが非該当の結論であった。

依頼内容

後遺障害認定の異議申し立てをすると共に、適切な賠償額を請求したいというご依頼。

依頼後

治療打ち切り後の継続通院のカルテを取り寄せ、異議申し立て書を作成し、後遺障害等級14級9号の認定が下りる。認定に基づいて290万円を請求したところ、相手方保険会社は240万円の支払いにしか応じないということであったので、訴訟提起。

訴訟提起後、1回目の裁判期日の前に相手方保険会社より290万円で示談の提案があり、示談が成立した。

対応地域:関東 所在地:神奈川県横浜市中区
解決後の賠償金額
保険会社提示額
1000万円
弁護士依頼後
8000万円
増額した賠償金額
7000万円
依頼者情報
  • 年代50代
  • 性別男性
  • 相談内容後遺症・後遺障害
  • 解決方法裁判
  • 傷病名脊髄損傷
  • 後遺障害等級3級
  • 事故状況車 対 自転車
事案

自転車で走行していたところ、左方道路から進行してきたトラックに衝突され、サイドミラーに顔面を強打し地面に落下したという事故でした。

被害者の方はこれにより脊髄を損傷し、両手両足にしびれが残り、仕事や日常生活で大きな支障が生じました。両手両足のしびれにより後遺障害3級が認定されました。

依頼内容

被害者の方は、両手両足にしびれがありながらも、自営業というだったということもあり、無理に仕事復帰していました。そのため、保険会社から休業損害を打ち切られ、十分な収入が得られないという状況でご相談に来れれました。

ご依頼をいただいた後は、休業損害の交渉を行い、後遺障害の認定を被害者請求で行った後、裁判を起こしました。

依頼後

ご相談に来られるまでの保険会社の対応を見て示談交渉では満足な賠償金を得ることができないことは明らかでしたので、後遺障害の認定の後、すぐに裁判を起こしました。

裁判では、後遺障害の存在や被害者の方の事故前の収入が争われました。

後遺障害の存在については、医学意見書を医師に作成してもらい、両手両足のしびれが脊髄損傷によるものであることを証明しました。

また、事故前の収入については、自営業だったので、過去5年分の帳簿類を分析して、確定申告の所得金額400万円は低額であり、実際には1,100万円の収入があったという認定を勝ち取ることができました。

自営業の方の収入は、ほとんどのケースで確定申告の所得金額で判断されてしまうので、所得金額を上回る収入の認定を勝ち取ることができたのは、被害者の方にとって非常にいい結果となりました。

対応地域:関西 所在地:兵庫県神戸市垂水区
依頼者情報
  • 年代30代
  • 性別男性
  • 相談内容後遺症・後遺障害
  • 解決方法示談
  • 傷病名むちうち
  • 後遺障害等級14級
  • 事故状況車 対 車
事案

信号待ちで停止中の追突事故。いわゆる「むちうち」の症状が残存。

依頼内容

相手方保険会社から治療の打ち切りの連絡。 
痛みが残っているのに通院できない不安と保険会社の判断に対する不満から相談。

依頼後

まずは適切な治療を受ける必要があることを保険会社に対し、根気強く説明。 
通院を続け、適切な治療を受けていただきました。

症状固定後、後遺障害の認定の際も、相手方保険会社からは後遺障害に該当しないとの提示がされましたが病院に足を運び、画像の撮り方等を見直し、適切な診療結果の取得に尽力。

その結果、後遺障害14級9号の認定を受けることができました。

対応地域:大阪,兵庫 所在地:兵庫県神戸市中央区
解決後の賠償金額
保険会社提示額
105万円
弁護士依頼後
390万円
増額した賠償金額
285万円
依頼者情報
  • 年代40代
  • 性別女性
  • 相談内容後遺症・後遺障害
  • 解決方法示談
  • 傷病名頚椎捻挫
  • 後遺障害等級14級
  • 事故状況車 対 車
事案

路肩に停車していたところ、直進してきた自動車に追突された事故でした。

依頼者は、期間雇用で働いていたところ、事故による傷害の影響で仕事ができなくなり、休職した後、契約期間が更新されず、収入がなくなってしまいました。

依頼内容

休職中は相手方保険会社から休業損害の支払いがあったが、契約期間が更新されず退職となってからは休業損害が支払われず、生活が苦しいとして、保険会社との交渉を依頼されました。

依頼後

まず、保険会社に対して、賠償金の内払いの請求を行い、当座の生活費を確保しました。

治療終了後、後遺障害の認定手続において、いったんは非該当(後遺障害なし)との判断が出て、後遺障害がないことを前提として、相手方保険会社から賠償額の提示がありました。

後遺障害の認定に対して異議申立てを行ったところ、14級の後遺障害が認められ、その結果を基に示談交渉を行ったところ、相手方保険会社の当初の提示額より、大幅に増額した賠償金を獲得することが出来ました。

対応地域:全国 所在地:東京都新宿区
解決後の賠償金額
保険会社提示額
万円
弁護士依頼後
約4,250万円
増額した賠償金額
約4,250万円
依頼者情報
  • 年代非公開
  • 性別非公開
  • 相談内容後遺症・後遺障害
  • 解決方法示談
  • 傷病名腰椎椎体骨折や多発肋骨骨折
  • 後遺障害等級8級
  • 事故状況車 対 車
事案

事故態様は、信号整理のされていない丁字路交差点で、直進路を進行していたご依頼者様に対し、突き当り路から加害車両が右折してきて衝突したというものです。

この事故により、ご依頼者様は腰椎椎体骨折や多発肋骨骨折などの傷害を負い、1年程度治療を続けましたが、背部痛や胸腰椎部の可動域が改善しないまま症状固定に至りました。

依頼内容

ご依頼者様は、医師に記載いただいた後遺障害診断書を持参されて、後遺障害等級申請からサポートしてほしいとして、弊所にご相談いただきました。

依頼後

担当弁護士が、ご依頼者様の症状を伺い、後遺障害診断書を精査したところ、胸腰椎部の運動障害として第8級2号の認定があり得る事案であるものの、後遺障害診断書上、記載が不十分であることがわかりました。

そこで、担当弁護士が、胸腰椎部の可動域測定の方法等をお伝えし、ご依頼者様を通じて、主治医の先生に対して、後遺障害診断書に追記をお願いしました。

そして、追記いただいた後遺障害診断書をもとに、担当弁護士が被害者請求を行った結果、脊柱の運動障害として別表第二第8級2号に該当するものと判断されました。

その後、同等級を前提に相手方保険会社と交渉を行った結果、等級認定から一か月程度で、約4,250万円を支払うとの示談を行うことが出来ました。

後遺障害等級認定申請前から、適切な後遺障害等級の見込みを立てて、サポートした結果、迅速かつ、満足いく金額での解決につながった事案であると考えます。

1~10件を表示(全32件)
TOPへ