和歌山県の弁護士による後遺症・後遺障害の相談の解決事例

弁護士による交通事故の解決事例をご紹介します。弁護士に相談された経緯、示談交渉の結果、どのようにして解決したかを都道府県・相談内容別にまとめています。ご自身の状況に近い事例がきっと見つかりますので、弁護士への相談を検討中の方は是非、参考にしてください。
1~1件を表示(全1件)
対応地域:和歌山,大阪 所在地:和歌山県和歌山市
解決後の賠償金額
保険会社提示額
万円
弁護士依頼後
約140万円
増額した賠償金額
約140万円
依頼者情報
  • 年代50代
  • 性別男性
  • 相談内容後遺症・後遺障害
  • 解決方法非公開
  • 傷病名むちうち等
  • 後遺障害等級14級
  • 事故状況車 対 歩行者
事案

被害者は、信号待ちをしていたところに追突され、病院で頸椎捻挫及び腰椎捻挫の診断を受けました。

依頼内容

事故後、1年経過したころ、保険会社から後遺障害診断書を病院の先生に書いてもらって送ってほしいと話があり、今後の対応についてご相談に来られました。

依頼後

主治医と面談し、神経症状による他覚的所見を聴取してもらい、後遺障害の認定に必要な検査を依頼しました。その後、被害者の方の日常生活の支障等を詳細に記載した陳述書を添えて、自賠責保険会社に被害者請求を行い、自賠責調査事務所の審査の結果、後遺障害等級14級の認定が下りました。

 後遺障害が認められたことにより、賠償金は約140万円増加しました。

1~1件を表示(全1件)
TOPへ