弁護士による交通事故の解決事例

弁護士による交通事故の解決事例をご紹介します。弁護士に相談された経緯、示談交渉の結果、どのようにして解決したかを都道府県・相談内容別にまとめています。ご自身の状況に近い事例がきっと見つかりますので、弁護士への相談を検討中の方は是非、参考にしてください。
101~103件を表示(全103件)
対応地域:関西 所在地:兵庫県西宮市

黒田法律事務所の解決事例

黒田法律事務所_黒田先生1
解決後の賠償金額
保険会社提示額
150万円
弁護士依頼後
1,696万円
増額した賠償金額
1,546万円
依頼者情報
  • 年代30代
  • 性別男性
  • 相談内容慰謝料・損害賠償
  • 解決方法裁判
  • 傷病名複数の骨折、閉鎖性腎損傷、脳挫傷など
  • 後遺障害等級12級
  • 事故状況車 対 バイク
事案

バイクを運転中、対向車線を進行していたタクシーが、突如、交差点付近の右折待ちレーンで急転回をしたことで衝突した事故でした。
左手関節の可動域制限、動作時痛という後遺障害が残存し、仕事には復帰したものの、対応できない業務が生じておられました。

依頼内容

労災で12級と認められたものの、相手方のタクシー会社からの提示額は150万円と低額であり、この金額が妥当かどうか分からなかったことから、金額の妥当性を検討されるために相談をされました。
また、労災で12級と判断されたものの、交通事故の解決時にも12級が維持できるのか分からず、相手方との交渉の進め方も分からなかったとのことで、相談に来られました。

依頼後

相手方タクシー会社は、示談交渉時に、独自の算定を行い、かなり低額な和解金である150万円という提示をし、提示額を決して上げようとはしませんでした。また、本件は、労災で12級と認定されましたが、自賠責で12級が維持できる可能性は決して高いとは言えませんでした。
労災で12級の認定となっても、自賠責で14級の認定となっては、慰謝料や逸失利益といった金額が大きく異なってきます。
そこで、自賠責の後遺障害等級認定の請求を行わず、労災で12級が認定されたことをもって、訴訟を提起しました。
そして、訴訟において、本件が12級相当であることが認定され、損害額および遅延利息で1,696万円を超える金額を得ることができました。

対応地域:全国 所在地:大阪府大阪市北区
依頼者情報
  • 年代非公開
  • 性別非公開
  • 相談内容治療通院・症状固定
  • 解決方法示談
  • 傷病名むち打ち
  • 後遺障害等級なし
  • 事故状況その他
事案

むち打ちで整骨院に通院 

依頼内容

被害者はむち打ちで整骨院に通院しましましたが、保険会社がその通院を認めず、治療費をはじめ全く費用を支払いませんでした。

依頼後

自賠責に被害者請求を申し立て、治療費等最低限度の補償を確保し、訴訟を提起して和解で終了しました。

「保険会社が任意交渉で、余りにも不誠実であったため、やむなく訴訟に踏み切りました。 
訴訟でも被害者の年齢による影響を主張するなどしため、主治医に面談するなどして反論したところ、裁判所が年齢による影響を排除した和解案を提示してくれたため、和解に応じることができました。」

対応地域:関西 所在地:大阪府吹田市
解決後の賠償金額
保険会社提示額
100万円
弁護士依頼後
300万円
増額した賠償金額
200万円
依頼者情報
  • 年代30代
  • 性別女性
  • 相談内容後遺症・後遺障害
  • 解決方法示談
  • 傷病名むちうち
  • 後遺障害等級14級
  • 事故状況車 対 自転車
事案

むち打ち症の症状が出ていたが、後遺症は認定されず、保険会社から通院慰謝料も低い金額を提示された事案。

依頼内容

むち打ち症が出ているのに後遺障害が認定されず、仕事をしていることや交通事故について何もわからなくてどうしていいか分からないのに、保険会社も信用できなかったため、代わりに交渉してほしいとの依頼。

依頼後

まず、後遺症を認定してもらうために資料を集め、異議申し立てをしました。 
異議申し立ての結果、後遺障害14級が認定され、後遺症に対する慰謝料や逸失利益が支払われたほか、通院慰謝料も増額されました。

101~103件を表示(全103件)
TOPへ