個人で保険会社と示談する方法って?

示談交渉
個人で保険会社と示談する方法って?

交通事故に遭ったら保険会社同士で示談交渉をおこなうのが一般的です。


しかし、当事者が任意保険に加入していない場合、専門知識の豊富な相手側の保険会社に対して個人で立ち向かわなければなりません。


このようようなときはどうすればいいのでしょうか。

目次
  1. 被害者と加害者側の保険会社との示談交渉の進め方
  2. 加害者と被害者側の保険会社との示談交渉の進め方
  3. まとめ

被害者と加害者側の保険会社との示談交渉の進め方

基本的に示談交渉は怪我が治り、症状が安定してから開始しましょう。


治療中の示談交渉は、精神的にも身体的にも負担が大きく、治療が終わらないことにはその怪我が交通事故によって生じたものかどうかわからないからです。


もし治療が終わる前に慌てて示談に応じてしまった場合、示談がまとまった後に後遺症が出ても損害賠償の対象とみなされない可能性があります。


したがって交通事故後、入通院や治療が終了し、後遺障害等級の認定も終わってから加害者側と示談交渉を始めます。


一般的に、加害者側が任意保険に加入している場合、被害者は加害者側の保険会社の担当者と示談交渉をおこなうことになります。


示談交渉がまとまったら示談金の支払いがおこなわれますが、示談金の一部である慰謝料には自賠責基準、任意保険基準、弁護士基準の3つの基準があります。


このなかで自賠責基準が最も低い金額となり、弁護士基準が最も高い金額といわれています。被害者が個人で示談交渉をおこなう場合、加害者側の任意保険会社は任意保険基準で慰謝料の計算をおこないます。


しかし、任意保険会社は自社の支払う金額をできるだけ低くしたいので、この任意保険基準で計算された慰謝料は、妥当な慰謝料の金額からかなり低い額となってしまいます。


妥当な金額での示談金を獲得するためには示談交渉を弁護士に依頼することをお勧めします。弁護士に示談交渉を依頼することで、弁護士基準の慰謝料を獲得でき、示談金の増額につながります。

 

併せて読むと役立つ記事
交通事故の示談交渉で被害者が損をしないための5つのポイント
示談交渉
交通事故の示談交渉で被害者が損をしないための5つのポイント

交通事故ではまず当事者同士で示談交渉をおこないます。一般的には当事者の保険会社同士で示談交渉をおこないますが…

加害者と被害者側の保険会社との示談交渉の進め方

一般的に、交通事故の示談交渉は加害者側の保険会社の担当者と、被害者あるいは被害者側の保険会社との間でおこなわれます。


自賠責保険は車を運転する人は必ず加入しなければなりませんが、任意保険は強制加入ではないため、稀に任意保険に未加入の方もいます。


このような場合、自賠責保険で支払われない損害については加害者の自己負担となります。


ただし、被害者側から請求された損害賠償金額が妥当なのかどうか、加害者だけでは判断ができない場合もありますので、このような場合には専門知識の豊富な弁護士に相談することをお勧めします。


また、任意保険に加入しているにも関わらず示談代行サービスが付いていないような場合でも、加害者自身が示談交渉をおこなわなければなりません。


このような場合も、適正な損害賠償金額など判断に困ることがあると思いますので、弁護士に相談することをお勧めします。 


車を運転している限り、自分がいつ交通事故の加害者となってもおかしくありません。このようなことを想定した場合、一番大切なことは任意保険に加入しておくことでしょう。


自賠責保険では物損事故は対象外ですし、人身事故の場合であっても、後遺障害などが認定されていない事故の場合は上限120万円までしか支払われず、補償としては不十分といえるでしょう。

 

併せて読むと役立つ記事
自賠責保険と任意保険の慰謝料の違いとは?
自動車保険
自賠責保険と任意保険の慰謝料の違いとは?

交通事故の損害賠償金の慰謝料には自賠責保険基準・任意保険基準・弁護士(裁判)基準の3つの基準があり、それぞれの基準によって支払われる損害賠償金額が変わってきます。では...

まとめ

被害者自身が加害者側の保険会社と示談交渉をおこなう場合、治療が終了し、後遺障害等級の認定が終わってから示談交渉を開始することが大切です。


被害者が個人で示談交渉をおこなう場合、加害者側の任意保険会社は任意保険基準で示談金の一部である慰謝料の計算をおこないます。


しかし、任意保険基準で計算された慰謝料は、妥当な金額からかなり低い金額となってしまいますので、結果的に示談金額も低い額となってしまいます。


このような場合、弁護士に示談交渉を依頼することで弁護士基準の慰謝料を獲得できるため、示談金の増額につながります。


一般的に交通事故の示談交渉は加害者側の保険会社の担当者と、被害者あるいは被害者側の保険会社との間でおこなわれます。


しかし、加害者が任意保険未加入であるような場合、自賠責保険でカバーできない損害については自己負担をしなければなりません。


このとき被害者側から請求された損害賠償請求金額が妥当なものかどうかは加害者だけでは判断できない場合もあります。また、加入している任意保険に示談代行サービスが付いていない場合もあります。


このような場合には、専門知識の豊富な弁護士に相談することをお勧めします。車を運転している限り、いつ自分が加害者となるかわかりません。


万が一に備えて任意保険にも加入しておきましょう。

都道府県から弁護士を探す

交通事故の示談交渉のよく読まれているコラム

新着の交通事故コラム

交通事故問題で悩んでいる方は、まず弁護士に相談!

交通事故の損害賠償額は弁護士に相談すると増額の可能性も!

保険会社の損害賠償提示額では損をしている可能性があります。弁護士に相談して正当な金額を受け取りましょう!

交通事故被害者の悩みを弁護士が解決します!

交通事故に遭った方が抱える様々な悩みを弁護士に相談して多くの人がメリットを得ています!

TOPへ