秋田県交通事故強い弁護士

増額実績が豊富な弁護士に、まずは無料相談

弁護士依頼後の
慰謝料増額率は
99%以上!

嵯峨法律事務所

所在地秋田市川元山下町1-2-3F
電話番号018-896-7590

川田法律事務所

所在地大館市字部垂町39-3
電話番号0186-49-7420

河村のりひと法律事務所

所在地大仙市大曲上大町13-25
電話番号0187-88-8936

豊口法律事務所

所在地秋田市川尻御休町1-17
電話番号018-864-6228

小泉法律事務所

所在地秋田市山王2丁目1-53
電話番号018-862-3500

松本総合法律事務所

所在地秋田市山王3丁目1-13
電話番号018-874-9902

仲小路法律事務所

所在地秋田市中通2丁目2-32
電話番号018-836-6400

田中法律事務所

所在地秋田市山王3丁目1-13-2F
電話番号018-865-4777

佐藤法律事務所

所在地秋田市泉北1丁目11-3
電話番号018-838-0496

長岐法律事務所

所在地秋田市山王6丁目17-22
電話番号018-824-6363

三浦法律事務所

所在地秋田市山王6丁目13-15
電話番号018-866-7555

佐々木俊幸法律事務所

所在地秋田市山王6丁目11-3-1F-B
電話番号018-874-7317

かおる総合法律事務所

所在地秋田市山王2丁目2-17-2F
電話番号018-867-1020

大館山口法律事務所

所在地大館市赤館町2-3
電話番号0186-59-6484

緑川法律事務所

所在地大館市字三ノ丸103-9
電話番号0186-57-8080

武田法律事務所

所在地秋田市川尻総社町7-30
電話番号018-896-1123

伊勢法律事務所

所在地秋田市八橋本町3丁目7-18
電話番号018-823-0744

西野法律事務所

所在地秋田市川元開和町9-1
電話番号018-874-7100

高橋重剛法律事務所

所在地由利本荘市給人町7-3
電話番号0184-44-8241

のしろ法律事務所

所在地能代市通町9-48
電話番号0185-52-8255
21~40件を表示(全60件)

秋田県の交通事故の特徴と弁護士について

秋田県で交通事故発生件数の多い地点

交通事故というのは、道路と道路が交わる交差点で起こることが多くなっています。秋田県で交通事故が起こりやすい地点ワースト3は、次のようなところです。

秋田県の交通事故多数発生場所|ワースト1|臨海十字路交差点
住所 被害状況
秋田市川尻町字大川反223番地7 死亡0件 重症0件 軽症10件
事故が発生しやすい原因
この交差点は、形状は十字だが、交差する道路は双方とも車線数が多いため、交差点の面積が大きい。東西道路、南北道路とも平坦で、見通しを妨げる障害物等はない。朝夕の通勤時間帯に渋滞している。
秋田県の交通事故多数発生場所|ワースト2|外旭川小谷地交差点
住所 被害状況
秋田市外旭川字小谷地110番地1 死亡0件 重症0件 軽症7件
事故が発生しやすい原因
この交差点は、四差路交差点で、東西道路を西進する際、交差点の出口付近から北にカーブしている。朝夕の通勤時間帯に渋滞している。
秋田県の交通事故多数発生場所|ワースト3|五丁目橋交差点
住所 被害状況
秋田市南通亀の町1番3号 死亡0件 重症0件 軽症5件
事故が発生しやすい原因
この交差点は、四差路交差点で、南北道路を南進する際、交差点の入口付近から東に屈曲している。朝夕の通勤時間帯に渋滞している。

秋田県の交通事故体験談

  • 名前コーセイ
  • 年齢61歳
  • 性別男性
  • 居住地秋田県
  • 事故形態車 対 車
  • 治療・通院期間1週間以内
  • 後遺障害の有無無し
  • 解決までの期間2ヶ月以内
  • 弁護士の利用無し
  • 加害者側の保険会社全労災
損害賠償の内容

車なおし代金538000円

被害状況

車は一部損壊。 人身は無事であった。

事故の状況

相手が一時停止をしないで車同士がぶつかった。物損事故で済んだ。

解決までの流れ

話は保険会社どうしに任せて、時々電話で経過説明を聞く感じだった

  • 名前dzpz
  • 年齢47歳
  • 性別男性
  • 居住地秋田県
  • 事故形態車 対 車
  • 治療・通院期間3ヶ月以内
  • 後遺障害の有無無し
  • 解決までの期間1週間以内
  • 弁護士の利用無し
  • 加害者側の保険会社損害保険ジャパン日本興亜
損害賠償の内容

慰謝料:80,000円
通院費:40,000円
総額 :120,000円

被害状況

頚椎捻挫
痛み取れず
通院30日位

事故の状況

赤信号で停車していた自分の車に追突された。

加害者は前に車がいないと思って時速40キロ程度で追突したためこちらの首に強い衝撃がかかった。

解決までの流れ

その場ですぐ警察に電話し現場検証してもらう。
その後改めて警察署へ行き事情聴取。
その間に双方の保険会社に連絡し対応してもらう。

TOPへ