茨城県交通事故強い弁護士

増額実績が豊富な弁護士に、まずは無料相談

弁護士依頼後の
慰謝料増額率は
99%以上!

黒田法律事務所

所在地龍ケ崎市新町4433
電話番号0297-64-4961

クラージュ法律事務所

所在地つくば市春日2丁目33-6
電話番号029-897-3195

龍ヶ崎法律事務所

所在地龍ケ崎市寺後3635-203
電話番号0297-84-1423

風間法律事務所

所在地土浦市木田余西台2-66-103
電話番号029-824-7666

つくば・布川法律事務所

所在地つくば市稲荷前8-1
電話番号029-851-2030

つくばパーク法律事務所

所在地つくば市二の宮3丁目8-3-202
電話番号029-875-8030

岡野法律事務所

所在地つくば市梅園2丁目7-3-401
電話番号029-875-5318

皆川昭法律事務所

所在地水戸市笠原町1133-203
電話番号029-244-2809

こむろ法律事務所

所在地牛久市中央5丁目13-19
電話番号029-875-8462

茨城の大地(弁護士法人)

所在地水戸市白梅3丁目9-7
電話番号029-221-7740

人見法律事務所

所在地水戸市南町1丁目3-27
電話番号029-225-6388

萩原総合法律事務所(弁護士法人)ひたちなか支所

所在地ひたちなか市東石川3丁目21-8-2F
電話番号029-212-5430

野中・瀧塚法律事務所

所在地水戸市南町1丁目3-23-6F
電話番号029-221-6355

あおい法律事務所

所在地水戸市大町1丁目2-27
電話番号029-353-7855

水口・野村法律事務所

所在地水戸市五軒町2丁目2-7-501
電話番号029-221-5570

平島法律事務所

所在地取手市取手2丁目3-2
電話番号0297-71-2005

取手総合法律事務所

所在地取手市取手2丁目2-3
電話番号0297-72-8090

茨城のぞみ法律事務所

所在地土浦市中央1丁目13-3-302
電話番号029-835-3904

はな法律事務所

所在地つくば市松代5丁目9-39
電話番号029-852-6436

いばらき法律事務所

所在地水戸市三の丸1丁目1-25-301
電話番号029-303-4500
21~40件を表示(全140件)

茨城県の交通事故の特徴と弁護士について

茨城県で交通事故発生件数の多い地点

交通事故というのは、道路と道路が交わる交差点で起こることが多くなっています。茨城県で交通事故が起こりやすい地点ワースト3は、次のようなところです。

茨城県の交通事故多数発生場所|ワースト1|酒門町交差点
住所 被害状況
水戸市酒門町3218番地 死亡0件 重症0件 軽症8件
事故が発生しやすい原因
この交差点は、形状は十字路だが、交差する道路は片側5車線(うち右折レーン2)と片側5車線(うち左折レーン2)の交わる巨大な交差点である。交差点付近には巨大な商業施設が多く、平日・休日とも交通量は多い。また国道6号と国道50号の交差する交差点であることから、深夜早朝もトラック等大型車両の通行も多い。
茨城県の交通事故多数発生場所|ワースト2|春日1丁目西交差点
住所 被害状況
つくば市春日1丁目2番地9 死亡0件 重症0件 軽症8件
事故が発生しやすい原因
この交差点は、国道と県道の十字路交差点であるが、四方とも左折可レーンがあり、常時左折できる交差点である。歩車分離式信号(南北方向のみ)であるが、車両が全停止する時間帯はない方式である。比較的大きな交差点であり、東西方向の県道上には商業施設も多く、平日・休日ともに車両の交通量が多い交差点である。付近に大学が多数あることから、大学生風の自転車利用者が比較的多い。
茨城県の交通事故多数発生場所|ワースト3|赤塚小南交差点
住所 被害状況
水戸市河和田2丁目2230番地の2 死亡1件 重症0件 軽症6件
事故が発生しやすい原因
この交差点は、片側2車線の国道と片側1車線の市道の交わる交差点で、四方に右折レーンがある。南北に通ずる国道は、前後とも立体交差であることから、同交差点はどんぶり坂となっており、速度が出やすい。国道と交差する市道は、市街地方面に進行すると商業施設も多いため、通行車両が多く渋滞が発生しやすく、土日・休日や朝夕の通勤時間帯に渋滞している。

茨城県の交通事故体験談

  • 名前だーだ
  • 年齢43歳
  • 性別男性
  • 居住地茨城県
  • 事故形態車 対 車
  • 治療・通院期間1年以内
  • 後遺障害の有無第14級
  • 解決までの期間2年以内
  • 弁護士の利用有り
  • 加害者側の保険会社三井住友海上
損害賠償の内容

総額:361万円 障害損害一切:157万円 後遺障害損害:204万円

被害状況

後遺障害第14級9号 頚椎捻挫後の頚部痛 腰椎捻挫後の腰痛・両大腿しびれ

事故の状況

赤信号で停車していたところに、後続車がノーブレーキで追突。 16時頃で天候は晴れ、見通しのいい二車線道路の左車線。 相手方運転手は軽度の脳梗塞を発症していたようで、同日午前にも近くで物損事故を起こしていたとのこと。

解決までの流れ

相手方が1か月入院してしまい、連絡がつかなくなってしまったこともあって、安心のために弁護士に交渉を依頼。 早期に依頼したことから、保険会社からも症状固定などの提示はなく、納得するまで治療を受けることができた。 後遺障害の申請もすべてお任せすることができ、無事に示談に至る。

弁護士への相談内容

相手方が病気ということで、自分では強く出られない部分もあり、事故を専門で担当している弁護士にお願いした。 主張するところはしっかり主張して、可能な限りの賠償を受けたいということをお伝えし、実際に後遺障害認定を勝ち取っていただいた。

TOPへ